読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロセス

明けましておめでとうございます。
zaqです。

前回の更新から一か月以上経ってしまい、はてなブログさんに怒られてしまいました。

書きたいことが浮かんでは沈み、文章の構造を考えているうちにまた沈み、底に溜まってはまたかき混ぜられを繰り返していました。

電車で偶然乗り合わせた女性は何日分もブログを書き溜めているようです。暇だったそうです。


さて、今回は何の話をしましょうかね。
今年したいことというお題がありましたが特にないのでお酒の話をしたいと思います。


正月は母が買ってきてくれた日本酒をひたすら飲んでいました。地元の地酒だそうです。
今回は同じ銘柄のにごり酒としぼりたてを飲み比べてみました。

まずはこの二つがどう違うのかご紹介しましょう。

にごり酒の底に溜まっているあの白い沈殿物は澱であり、もろみであり、さらに元を辿ればお米そのものなんですよね。そしてその白い沈殿物が、お酒の味を滑らかにトロッとした感じに変えてくれます。

にごり酒とは、アレをしていない日本酒のこと!高い栄養価と飲みやすさが人気の秘訣!
http://umasake.top/?p=40

  • しぼりたて生酒

通常お酒は、火入れ(熱湯に浸す)処理をしてから出荷となりますが、「しぼりたて」は火入れせずに出荷されます。従って味わいは若く、フレッシュな爽快感があります

かがたや酒店 - 日本語とは?
http://www.kagataya.net/smartphone/page10.html

わかりやすくまとめられているブログの記事を引用させていただきましたが要するに行程が少し違うということです。
つまり銘柄が同じならば原料のお米は全く同じということですね。

まずにごり酒を飲んでみると、日本酒特有のきつめのアルコールとお米の香り、そして麹の独特な苦みと甘みが口に広がりました。
次にしぼりたての方は、麹の苦みはあまり感じられず、スッキリした味わいと芳醇な香りが鼻から抜けていきました。

同じお米から作ったお酒であるにも関わらず行程が違うだけで印象がガラッと変わることがわかりました。

そして私がにごり酒を飲んだ時に麹の独特な苦みだと思っていたものはもろみというお米そのものだったようです。

さて、今回は日本酒の作り方からお酒を考えましたが次回は銘柄から選んでみたいです。できれば。

おすすめの銘柄があればぜひ教えてください。買ってきます。