ぬるま湯を温めて熱湯にした頃には慣れている

こんばんは。zaqです。
お酒を飲まなければ勉強ができない体になってしまいました。


前回のブログでは達成感という名の解放感について考えましたがいつもの見切り発進のためよくわからないことになりました。

今夜は特に考察したいこともありません。とりあえずエディタを開いて記事を書いています。前回よりレベルの高い見切り発進です。

最近眠くてたまりません。勤務中も移動中も食事中でさえ。
好きな人と会っている時だけは別ですが…。
見切り発進な上に眠いので終わりますね。

養殖から逃げ出した魚は生きられるか

こんにちは。zaqです。

前回の更新から随分と時間が経ってしまい、to be continued となっていた前回の記事のオチを忘れてしまいました。もはやはてなブログさんから怒られることすらなくなりました。


今回はストレスについての話

自分のしたいことやスキルに見合わない仕事やタスクを抱えると、大変辛いものがありますが、投げ出すわけにもいかないことが世間ではよくあるようです。
人々はなんらかの方法でモチベーションをあげてそのタスクをこなしていることでしょう。

自分のモチベーションを向上させる常套手段として、簡単なタスクをいくつもこなして自信をつけるという方法が挙げられます。

簡単とはいえタスクをこなしたという事実をもって自己評価を高めると自信がつくので頑張れるという流れです。
また、多少辛いタスクを成し遂げれば、その苦労から達成感を味わうことができます。
今回は達成感について考察します。


私は、この達成感はすなわち解放感だと感じます。辛いことがようやく片付いて終わった!やった!という気持ちです。

しかし、解放感のためにモチベーションを上げることは難しいです。なぜなら、解放感を感じるためには拘束される必要があるからです。
辛いことに挑んで心苦しい気持ちになってから初めて解放感に浸ることができます。

解放感に浸るために拘束されて努力することがそんなに美しいでしょうか?私にはわかりません。

愛とは その1

こんにちは。zaqです。
3月に入り通信制限が解除されても、スマホに頼らない生活に慣れつつあるので特に嬉しくもなんともありません。

タイトルと内容が合ってないようで、よく読めばどこかに関連しているような記事を書くのが好きですが、今日はタイトルまんま、愛について語ります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

愛とはなんでしょうか、私にはわかりません。
この世の中にそれが分かっている人がいればご教示いただきたいものです。

さて、人は他人から愛されたい(=愛を欲している)のでしょうか。仮に愛を欲しているとすればなにをもって愛されたと決められるのでしょう。

人々は(自分も含めて)それを他人に定義されたものによって、愛された・愛されていないを判別するのだと考えます。
そしてその最たるものが「結婚」だと言えます。
もしあなたが妻もしくは夫がよその人と枕を交わせば、あなたは「愛されていない」と感じるのではありませんか?(感じるとしましょう)
しかし、世界には一夫多妻制の国もありますし、日本も昔はそうだったといいます。

余談ですが中学時代の友人が、歴史の勉強をしているときに、自分が将軍との繋がりを持つために娘17歳くらいの娘に将軍の跡取り息子(10歳くらい)を誘惑して子どもを身ごもったという話を知って、
自分で言えば20歳くらいのお姉さんに誘惑されて中出しするようなものだと言って興奮していました。
たぶん平家かなんかその辺です。
私は10歳でも子ども作れるのかと思っていました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

現在の日本の法律では、浮気は法律違反だということになっています。(民法に反しているそうです。)
それはなぜでしょうか?

浮気相手に貢ぐために自分たちの生活費がこそぎとられたら、それは浮気によって損害を被ったことになるので、裁判所に訴えて何かしらかの請求ができるというのは道理が通っていますね。
では、デート代を浮気相手が全額負担していた場合や、裕福すぎて貢ぎ相手の一人や二人どうってことない場合はどうでしょうか。
その場合もしっかりと証拠を集めて起訴すれば何かしら請求できます。

相手の生活や私財に一切損害を与えていないのに慰謝料を払わなければいけないというのです。

この話を聞いて道理が通っていないと憤慨する人はいないでしょう。
なぜ道理が通っていると思うのでしょうか。

それは愛されていないと思われるからだと考えます。

先日、テレビで一夫多妻制のある国(どこか忘れました)の人がインタビューを受けているのをみました。
その奥さんは、「明日は彼が私のところに来るの💕」と、嬉しそうでした。

日本人の感覚としては不思議ですね、今日は別の妻のところで明日は自分のところ、明後日はまた別の妻のところ…と何人もいる妻の家を転々とするとは、なんてチャラ男なんだという話ですよね。向こうの感覚としては、その方が男らしくてかっこいいそうです。

話があまりにも長くなりそうなので次回に続きます。

チョコ

こんにちは。zaqです。
一か月以上更新せずまたはてなブログさんに怒られてしまいました。

わざわざブログを書くのってちょっと気合いがいります。
普段思ったことはすぐ青鳥に聞いてもらってます。僕のついったは探せば見つかるかもしれませんし見つからないかもしれません。

そういった事情で特にブログに書くことが見つからないまま書き始めることにしました。

■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`

先日はバレンタインデーでしたがみなさんはいかがお過ごしだったでしょうか。
意中の人からチョコはもらえましたか?もしくは、渡すことはできましたか?

バレンタインデーとはそもそも誰かの誕生日らしいですね。よく知らないので誰か教えてください。

僕はウィスキーボンボンをゲットしました。嬉しかったです。

■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`

今日はウィスキーの話をしましょうか。
ウィスキーは基本的には樽で作っているそうです。先日飲んだホワイトホースというスコッチウィスキーは香ばしい独特の香りが大変気に入りました。しかしながら好き嫌いの分かれる酒だなあとも思い、美味しくいただきました。

ちなみにスコッチウィスキーとは、スコットランドで作られたウィスキーのことを言うそうです。
作り方の違いでしょうか?日本でスコットランド流のやり方でウィスキーを作ればそれはジャパニーズウィスキーなのでしょうか?
また今度調べて記事にしますね。

■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`

一年前くらいでしょうか、度数50%のウィスキーを買ったことがあります。名前は忘れましたが、ドンキホーテで買いました。
当時は若かったので勢いだけで買いましたが、特に美味しかったという印象はありません。普通のウィスキーといった感じでした。

調べたら出てきました。たぶんこれですね。

ウィスキーに関してはもっと多くの種類を飲んで勉強したいと思います。
内容がないようなのは知識がないからです。

■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`

↑こういうの久しぶりに使いました。
5年前くらいは「絵文字 ライン」で検索すれば一発で出てきたのに今調べたら緑のLINEが一発ヒットしますね。時代を感じます。

それでは。

溜まっていたこと

こんにちは。zaqです。

今日は学生の皆さんにとっては憂鬱な1日でしょう。
多くの学校では今日から授業が始まるようです。
社会人の皆さんはとっくに仕事が始まっていてエンジンをかけたところに三連休という失速イベントがあり、こちらも憂鬱な1日でしょう。学生ほどではないかもしれませんが。

どちらにせよ私は朝の通勤ラッシュに揉まれて今休憩がてらブログを書いています。

人類に休日は必要か

必要でしょうね
休むことができなかった人の末路が某電○の自殺騒動だと言えます。

夏休みが嫌いでした。冬休みも春休みも嫌いでした。今ももちろん嫌いです。三連休もGWも嫌いです。
まとまった時間が得られるので今までできなかったことができるといえば聞こえはいいように思えますが、逆に言えば何かをしなければいけないということでもあります。

ある人は休むのも仕事だというかもしれません。一理ある。
休みの何が嫌かというと、

  • 再始動するのがしんどい
  • 止まっている気になるのがつらい
  • かといって何かをするエネルギーもない
  • ということに気づかされる。

というところでしょうか。
ただの自己嫌悪でしょうか。しかしその考えにいたってしまったが最後、穴の空いたバケツのようにやる気がなくなっていきます。

生きる希望

を探したこともあります。
僕の場合は酒と飯がうまいことでした。
酒と飯がうまいからクソみたいな世界でも生きていこうと思いました。
生きているだけで価値があると思ったこともありました。死んだら何もなくなるというやつです。

結果、虚しくなるだけでした。
なんで無理して生きていかないといけないのか。
その疑問がなくなることはありませんでした。

死にたいと思っている人

先日、テレビでコミケのレイヤーさんの特集をやっていました。
インタビューに答えていた女性が嬉しそうに「常に死にたいと思っている」と笑顔で答えていました。
「さっさと死ねばいいのに」率直な感想でした。
彼女に何があったのか知りませんが死にたくても死ねない事情があるのでしょうか、あるいは本当は死にたくないのにそう言っているのでしょうか。

どちらにせよ本気で自ら死にたいと言う人はいないと思います。そんな人は怖がりもせず後ろめたさも感じず事情なんてほったらかしでさっさと死ぬからです。


このブログ、自分で書いていて怖くなってきました。
はじめに書こうと思った内容からかなりずれてきました。
どこから狂ったのかわからないしわかろうとする気もないし本題なんてあったかどうかすら覚えていません。

とりあえず事実を挙げるならば、私は生きています。そして、このブログはここで終わります。

勉強

こんばんは。zaqです。
最近はてなブログの機能をわかってきて、引用やらリストやらを使ってみています。

今回は見出しを

使ってみました。

前回のブログで使ってみようと思いましたがいい感じにならず、困ったのでよそのブログを参考にさせていただきました。読者になっていただきありがとうございます。


あと使いこなしたい機能は数字リストですね。

  1. 誰も聞いてないような
  2. クソみたいな解説を
  3. わかりやすくするのに

便利だと思います。

機能を知るために

プレビューで逐一確認は欠かせませんね
例えば、さっきの数字リスト機能は編集画面ではこのように表示されます




みたところ、+ しか表示されておらず、上から順番に数字が割り振られるようです。
では、その間に文が入るとどうなるの?と、思うわけです。

そこで、一瞬で実験をします



するとこのように表示されます。



これで、間に文が入ると番号がリセットされることがわかりました。

便利な「あ」

特に意味はないのですが実験するときはとりあえずあを入れます。
別にいでもうんこでもいいのですが。

日本人だからでしょうか(適当

締め方

がイマイチわかっておりません。

書きたいことがあれば書く。なくなれば終わる。そんな自由奔放なスタイルを貫いていると、超まとまりのないブログが出来上がってしまいます。

無理に締めようとすると思ってもない言葉が出てきてかえって気持ち悪くなるのでこれからは自分のタイミングで勝手に締めますね

それでは。

プロセス

明けましておめでとうございます。
zaqです。

前回の更新から一か月以上経ってしまい、はてなブログさんに怒られてしまいました。

書きたいことが浮かんでは沈み、文章の構造を考えているうちにまた沈み、底に溜まってはまたかき混ぜられを繰り返していました。

電車で偶然乗り合わせた女性は何日分もブログを書き溜めているようです。暇だったそうです。


さて、今回は何の話をしましょうかね。
今年したいことというお題がありましたが特にないのでお酒の話をしたいと思います。


正月は母が買ってきてくれた日本酒をひたすら飲んでいました。地元の地酒だそうです。
今回は同じ銘柄のにごり酒としぼりたてを飲み比べてみました。

まずはこの二つがどう違うのかご紹介しましょう。

にごり酒の底に溜まっているあの白い沈殿物は澱であり、もろみであり、さらに元を辿ればお米そのものなんですよね。そしてその白い沈殿物が、お酒の味を滑らかにトロッとした感じに変えてくれます。

にごり酒とは、アレをしていない日本酒のこと!高い栄養価と飲みやすさが人気の秘訣!
http://umasake.top/?p=40

  • しぼりたて生酒

通常お酒は、火入れ(熱湯に浸す)処理をしてから出荷となりますが、「しぼりたて」は火入れせずに出荷されます。従って味わいは若く、フレッシュな爽快感があります

かがたや酒店 - 日本語とは?
http://www.kagataya.net/smartphone/page10.html

わかりやすくまとめられているブログの記事を引用させていただきましたが要するに行程が少し違うということです。
つまり銘柄が同じならば原料のお米は全く同じということですね。

まずにごり酒を飲んでみると、日本酒特有のきつめのアルコールとお米の香り、そして麹の独特な苦みと甘みが口に広がりました。
次にしぼりたての方は、麹の苦みはあまり感じられず、スッキリした味わいと芳醇な香りが鼻から抜けていきました。

同じお米から作ったお酒であるにも関わらず行程が違うだけで印象がガラッと変わることがわかりました。

そして私がにごり酒を飲んだ時に麹の独特な苦みだと思っていたものはもろみというお米そのものだったようです。

さて、今回は日本酒の作り方からお酒を考えましたが次回は銘柄から選んでみたいです。できれば。

おすすめの銘柄があればぜひ教えてください。買ってきます。